エンターテイメント、ファッションやカルチャー、バイク、スポットや旬な情報をSPANGSS目線でお届けします!

FaW ファッションワールド東京2021秋| アップサイクルアクセサリーブランド「SHITSURAÉ (シツラエ)」を長谷川瑞佳がリポート!


取材協力:取材協力:FaW 第12回 ファッションワールド東京秋

Reporter:長谷川瑞佳

明治学院大学4年生、ミス明治学院コンテスト2020ファイナリスト、横須賀GEMs project 2021イメージリーダー、ミスキャンパス「キャンパスラボ」メンバー/Cheer! SDGs 学生編集長
趣味:茶道、展覧会巡り
@mizuka.hasegawa
Profile Page


長谷川瑞佳 「SDGs目線でファッションを取材しました!」シリーズ【第4回】
ファッションが大好きな長谷川瑞佳さん。自信が持ててポジティブな気持ちになれるファッションの楽しさをSNSなどで発信しているが、大学の授業でアパレル業界が抱える環境問題や労働問題を学び衝撃を受けた。この問題をもっと勉強してサスティナブルファッションを広め「ファッションで世界を変えたい」という夢ができた。夢の実現に一歩踏み出したシリーズをSPANGSSで展開中~!


■FaW「ファッションワールド東京2021秋」へ行きました!
東京ビックサイトで2021年10月18日~20日に開催された日本最大のファッション展示会「FaW 第12回 ファッションワールド東京秋」(以下 FaW)。上質なMade in Japanブランドの新作や、海外ブランドなど420社が出展しました。その中でも、今話題のエコ、エシカル、フェアトレードなどのサスティナブル製品や素材を出展したのは、約200社もありました。



今回私は、 FaWの公式アンバサダーに任命して頂きました。 サスティナブルファッションに関心がある私は、会場マップで半分弱を占めるサスティナブルを掲げるブースの多さから、アパレル業界が変わりそうな予感がし、希望を持つことができました。

たくさんのサステナブルファッションブランドブースに伺い、担当者から直接話を聞くことができました。今回は、多くの学びを得ることができ、とても楽しく貴重な経験となりました。


その中から、特に私が気になったブランドを幾つかセレクトして、紹介させて頂きます。


今回は、今まで「端材」「廃材」となっていた素材に、「アクセサリー」として新たな命を吹き込み蘇らせた、アップサイクル・アクセサリーブランドの「SHITSURAÉ (シツラエ)」を紹介したいと思います。 SHITSURAÉ のアクセサリーは、なんと言っても、全てが ”一点もの!” という特別感がたまりません!


横須賀のジェムズプロジェクトで一緒にイメージリーダーを務める りンごさん(杉原枝利香さん)とも合流!

左が りンごさん


「今朝イヤリングを落としてしまったの…」という りンごさん。「アンバサダー特典で、イヤリングを貰えるブースがあるらしい…」という情報を聞きつけ、まずは一緒に SHITSURAÉ ブースへ行ってみることになりました。

SHITSURAÉ は初めて聞くブランドでしたが、カラフルでモダンな雰囲気のアクセサリーに惹きつけられました。


アクリルの端材をイヤリングやペンダントにアップサイクル!


SHITSURAÉ ブースには、アクリル素材でできたイヤリングやピアス、ネックレスなどが並び、人だかりになっていました…。


”アクリルのアクセサリー” と聞くと、ちょっと子供っぽいイメージを持つかもしれませんが、組み合わせる素材や配色が素敵で、モードな印象の作品もありました。


SHITSURAÉ のアクセサリーは、ベースとなるアクリルと、他の素材を溶かしてデザインされており、全て「端材」や役目を終えた「廃材」からアップサイクルされていることに驚きました!


SHITSURAÉ 代表の井村文紀さんによると、溶け具合によって毎回柄が異なるそうで、一つとして同じものがないそうです。偶然できた色や形を活かした1点ものであることは、SHITSURAÉ アクセサリーの最大の特徴で、大きな魅力だと思います。


「木がミックスされたシリーズ」や「金属調の素材がミックスされたシリーズ」、他にも「レース生地」や「ポップな蛍光色カラー」など、ミックス素材別に、大きく8シリーズがあるようで、組み合わせる素材によっても雰囲気はかなり変わります。


そして本当にアンバサダー特典として、お気に入りを1組いただけるとのことで、真剣に形や柄を選びました!


同じシリーズを見ても、全てが異なる柄なので「うわー、こんな柄もある!」「こっちは全然ちがう…!」と、見ているだけでもワクワクしてしまいます。


アクリル × 金箔 の物を選びました~!

私が選んだのは、この「金箔がミックスされたシリーズ」です。

普段からゴールドのアクセサリーを身につけることが多く、金箔だとシンプルで華やかな印象になるかなと…思い選んでみました。


選ぶ過程で驚いた点がいくつかありました。まず、SHITSURAÉ の商品は 一点ずつ販売されているため、左右で違う型を選ぶことができるんです! もちろん、左右で違うシリーズを選んでもOKです。


さて私は「金箔シリーズ」の中から、一つは ”まる縁の型”、もう一つは ”まる縁にすっぽりとはまる円の型” を選びました。そして穴にはめてみると偶然にも柄が繋がって、とてもラッキーな気分!


さらにもう一つ驚いたのは、金具の部分は、選んでから取り付けていただけるので、イヤリングにでもピアスにでも、ペンダントにもできることです。

特にイヤリング派の方は、「自分が好きなデザインがピアスだった…」という経験が一度はありませんか? アクセサリーデザインを先に選べるのは嬉しいですよね!


そして私は、小さいまる型の方にチェーンをつけていただき、付けた時に左右を同じ長さにして頂きました!


消費者の需要や好みに寄り添うことで、アクセサリーをより大切にできるのかな…と感じました。

着ける時だけでなく、選ぶ時にもワクワク感があってすごく楽しい時間でした。 着けてお出かけするのが楽しみです!


アートでサスティナブルを楽しむのがコンセプト!

SHITSURAÉ 代表の井村文紀さんから、お話を伺うことができました!

繰り返しになりますが、SHITSURAÉ の商品は、全て「端材」や「廃材」から出来ています。

アクリル職人である井村さんが、日頃製作しているものから出る「端材」の有効活用だけでなく、コロナ禍が落ち着いたら大量廃棄されてしまうであろう、アクリルパーテーションの行く末を考えたことが、SHITSURAÉ ブランドを立ち上げたきっかけだそうです。


アクリルの「端材」と、色々な「廃材」を組み合わせて新たな命を吹き込んで、捨てられていた物から、アート感のあるきらびやかなアクセサリーにアップサイクルすることが、SHITSURAÉ のコンセプトだそうです。

だからこそ、一つとして同じ柄は生まれず、全てが一点ものという特別感を生み出すことができています。


またアクセサリーの作成過程でも、端材を出来る限り出さないように、レーザーカッターで型を切り抜いているそうです。 だから私のように、パズルのようにはめることができる作品に出会えるんですね!



本当のサスティナブルとは何か?

環境問題への意識が高まり、私自身もマイバックやマイタンブラーなどを持ち歩き、プラスチックの使用を減らそうと意識しています。

井村さんがSHITSURAÉ のアップサイクル活動を通して本当に伝えたいことは、「プラスチック製品自体が悪いわけではなく、プラスチックを捨てないこと、リサイクルをしていくことが大切なんだよ…」ということだと感じました。


新型コロナウィルスが終息した後は、感染拡大防止のために設置された、たくさんのアクリルパーテーションの行き場が課題になるでしょう。その時に廃棄処分してしまうのではなく、SHITSURAÉ が受け皿となり、新たな命を吹き込んだアクセサリーとなって世の中を彩ることを目指しているそうです。

私たちは、こういった SHITSURAÉ のようなブランドの存在や取り組みを知ること。そしてできる限り楽しくサスティナブルな付き合い方をしていくことで少しずつ和が広がり、サスティナブルファッションが浸透していくのではないでしょうか…。



■SHITSURAÉ 公式HP
※オンラインショップはもうすぐOPENするそうです
https://shitsurae.tokyo/

この記事を書いた人
ファッションが大好きな大学生/ファッションが抱える環境問題や労働問題を勉強中。 ミス明治学院コンテスト2020ファイナリスト、横須賀GEMs project 2021イメージリーダー、ミスキャンパス「キャンパスラボ」メンバー/Cheer! SDGs 2021年度学生編集長 Instagram:@mizuka.hasegawa
SNSでフォローする